NOW UPDATING...

HASTA LA VISTA BABY

クラウドワークスでライティング案件をこなしました【納品の際に意識したことを書きます】

f:id:updateplan:20180923185355p:plain

やりたいことリスト100の中に「CrowdWorksで仕事をする」をいう項目がありまして、先日達成しました。

www.update-plan.com

 

納品した記事について2018年9月20日に「素晴らしい記事をありがとうございました。また別件でありましたら、ぜひお願いいたします。」という趣旨のコメントをいただきました。

 

まだ1案件しか完了していませんが、そのときに意識したことを書いておきます。

本記事の内容

・指定された納期は無視すること

・連絡はすばやく行うこと

・自分の中での完璧を求めないこと

・まとめ

指定された納期は無視すること 

まず、受注をすると先方から指定の納期が提示されます。

まずその納期は無視をしましょう。

 

納期に間に合わなくてもいいということではありません。

納期ギリギリに納品することは避けましょうということです。

 

指定された納期というのがそもそもギリギリでは設定されていないとは思うのですが、それでも最速で納品しましょう。

 

会社員でも同じで、優秀な人はもうほぼ100%といっていいほどレスポンスが速いです。

逆にスピードを意識しさえすれば信用を獲得することができるのです。

 

僕みたいにネットで仕事を受注したことがほとんどない初心者がやるべきことは最速でレスポンスをするということなのです。悩んでいる暇はありません。

連絡はすばやく行うこと

もし納品が遅くなりそうなら、すばやく依頼主に「いつ納品できそうか」を連絡しましょう。

それで仕事が途絶えてしまってもめげずに次の案件を受注するだけです。

 

納期の連絡はもちろんのこと、案件に設定されている条件の中で疑問な点があればすぐに解消することです。

 

とにかく「何かしらの反応がある」ということが重要なのです。

会社員でも同じで「承知しました」くらいでもいいので、とにかく反応する。

 

クリティカルな質問なんて最初からできるわけないので、基本的なことでもサクッと聞いてしまった方がいいですよ。

自分の中での完璧を求めないこと

初心者は特に意識したほうがいいと思うんですけど、初仕事で完璧に満足する結果を出すことなんてほとんど無理です。

 

評価するのはあくまで依頼主なので、サクッと納品してそれに対するコメントを元に修正をしていきましょう。

納品をする際に「もしご不満な点があれば、ご教示ください」などのコメントをいれておくといいかもしれませんね。

 

完璧を追い求めることは、納品スピードにも影響しますので、プライドは捨ててとにかく数を打っていきましょう。

今回の案件はたまたま僕の得意な内容でかつブログを2年以上運営してきた経験によって得た結果かもしれないので、次はどうなるかわかりません。

 

自分の中で完璧を求めないという姿勢はブログの運営でも同じです。

書いて書いて書きまくって、ようやくなんとなくわかることなんですよ。

 

僕のブログ記事目標は5,000記事なので一つ一つの記事に執着している場合ではないのです。圧倒的な量が質を生み出すのであって、僕はまだ量を重ねていくステージです。

まとめ

本記事で重要なことは…

・指定された納期は無視すること

・連絡はすばやく行うこと

・自分の中での完璧を求めないこと

 

どんな仕事でも共通する基本的なことなので、会社員をやっていても参考になるかと思います。