NOW UPDATING...

HASTA LA VISTA BABY

読書したあとのアウトプット方法はとにかく「だれかに説明すること」

*本記事は2018年10月22日に更新されています

f:id:updateplan:20181022185942p:plain

あなたは最近、本を読みましたか?

もし読んだのであれば、その内容を説明することができますか?

 

この質問に答えられないと、もしかしたらただ文字を追っているだけだったのかもしれませんね。

僕も気づいたら、ただ文字を追っているだけのときがあります。

 

そのときはわざわざ戻って読み直すのですが、これがまたメンドウくさいんです。

どうせだったら1回読んで、記憶の中にいれておきたいですよね。

 

本記事では「読書をしたあとのアウトプット方法」についてご紹介します。

本記事の内容

・一回ですべてを理解しようとしないこと

・細かくわけて「だれかに説明する」

・説明をきいてくれる人がいないときの方法

一回ですべてを理解しようとしないこと

 読書をしたらアウトプットするのは大事だと思っていても、一回読んだだけではアウトプットすることはできません。

なぜなら、当たり前ですが、一回本を読んだだけではすべてを理解することができないからです。

 

よっぽどの天才でない限り、一回で理解して頭にいれることなんてできませんので、落ち込む必要はありませんよ。

理解をするためのコツはとにかく「細かくわけて」読書をすることです。

 

何回も反復して読んで理解する方法もありますが、僕はすぐに飽きてしまいますので全体としては一回だけど、細かく振り返りながら読んでいるので結果的には何回も読むことと一緒です。

 

具体的にいうと、だいたいの本は章ごとにわかれているので、章ごとに読んでいきつつノートにまとめていくのです。

f:id:updateplan:20181017175734j:plain

読書ノート

このように大雑把でいいので、流れをまとめていきましょう。

ちなみにこれは『代表的日本人』という本を読んだときに書いたノートです。

 

岩波文庫でかたくるしいイメージがありますが、この読書法ですんなり理解することができました。

本書は内村鑑三の視点で西洋向けに英語で出版された日本を代表する5人の日本人を紹介する本です。

 

細かく章ごとにわけて読んでいくため、ストレスフリーで読書をすすめることができます。

本を読んでいて、ストレスを感じるときは途中で何を言っているのかわからなくなってしまうことだと思うのですが、一つ一つ理解していけるので最後までわけわからない状態にならずに読み切ることができます。

 

細かくわけて「だれかに説明する」

細かくわけてノートで理解していくのは有効な手なのですが、誰かに説明しようとすると案外理解しきれていない部分があります。

 

流れを理解しようとするあまり、わからない単語を調べるのをおこたると人に説明することができなくなります。

自分でわかっていない用語を使って何かを説明することは基本的にできないですからね。

 

なので人に説明できる機会があれば、ドンドン説明していきましょう。

 

注意することは、あまりにも自分で理解していないと聞いている相手の時間を無駄にしてしまうということです。

また、相手が興味なさそうであれば話をするのをやめましょう。

 

もし、あなたが男性だとしてずっと女性からスキンケアについてアウトプットされたらさすがに退屈でしょう?

相手のことも考慮しながら、自分が読んだ本についてアウトプットしてきましょう。

 

聞いている相手の知識も増えて、一石二鳥です。

そのときに人に説明してアウトプットする方法も教えてあげれば、また他の人に伝達されていって一石三鳥ですね。

説明を聞いてくれる人がいないときの方法

とはいえなかなか自分の説明をきいてくれる都合のいい人ってなかなか見つけられないですよね?

 

そういうときは下記の2つの方法があります。

1.何も見ずにノートに流れを書いてみる

2.ブログにアウトプットする

1つ目の方法は「何も見ずにノートに流れを書いてみる」です。 

ちょっと面倒かもしれないですが、とにかくノートに自分のアタマに入っていることを書いていきましょう。

そうすると、自分で理解していなかった部分があぶりだされます。

 

何も見ないというところがポイントです。

何かを見ながらだと、本当に理解しているかわかりませんからね。

 

2つ目の方法は「ブログにアウトプットする」です。

ブログにアウトプットする方法はかなり効果的で、自分も勉強になるし、読んでいる方も勉強になります。

しかも、簡単に見返すことができます。

 

ノートでも見返すことができるのですが、保管が大変だし、走り書きをしたときは何を書いたか判別できないときがあります。

しかし、ブログの場合はデータが吹っ飛ぶとかない限り、判別できる文字でいつまでもネット上に残っているので便利ですよね。

 

僕も実際に先ほど紹介した『代表的日本人』をブログにアウトプットしています。

ブログアウトプット勉強法の結果はこれだ!!【具体的なやり方も書いています】 - NOW UPDATING...

 

ちなみに人にも説明をしていますので、しばらく僕の知識は盤石です。

このように効率的にアウトプットすることによってかなり質の高い読書をすることができますので、ぜひ試してみて下さい。