NOW UPDATING...

HASTA LA VISTA BABY

読書って意味ない?そんなことないので理由を説明する

*本記事は2018年10月23日に更新されています

f:id:updateplan:20181023150741p:plain

あなたは読書が無駄なことだと思っていませんか?

「読書 時間の無駄」と調べてみると小説を中心に忌み嫌われています。

 

僕は一般的な書籍も小説も好きなので、これには反論したいんですよね。

読書がまったく時間の無駄でない理由をお教えします。

本記事の内容

・基本的になんでも解決法が書いてある

・小説は情報を受け取ろうとするから意味なく感じる

・たしかに「本を読むだけ」は避けたい

基本的になんでも解決法が書いてある

生きていれば壁にぶちあたることがたくさんあると思いますが、基本的に解決方法は本に書いてあります

仕事の悩みをかかえていたら仕事に関係する本を読めば、解決方法が書いてあるし、恋愛に悩んでいたら、恋愛に関する本を読めば、解決方法が書いてあります。

 

あとはそれに従って、行動するかどうかが一番重要なところなのですが、行動のうつしかたまで本に書いてあるわけですよ。

 

そんな中で本を読まずに、問題を抱えたままわけもわからず毎日を生きるのって普通に損じゃないですか?

解決方法が本に書いてあるので、それで本当に解決するかは別としてヒントは得れるはずです。

 

もうこれだけでも本を読むメリットはじゅうぶんあると思いますがいかがでしょうか。

 

小説は情報を受け取ろうとするから意味なく感じる

さて、検索をして一番多かった意見は「小説って無駄じゃない?」ということです。

意見の中には「受け取れる情報がほとんどないから」というものがあったのですが、なんで小説から情報を受け取ろうとしているのでしょうか?

 

小説を読む目的は単純に娯楽ですよ。

あとは筆者によって書いてあるテーマが一貫しているので、「この人が小説を通して伝えたいことって何だろう?」とか「自分はこの小説から何を受け取ったのだろう?」とか考察するのが面白いのです。

 

 

小説を読んでグッと心を動かされるとか、悲しい気持ちになるとか、感動して涙が出てくるとか、そういう感情の動きを楽しむものです。

 

肩の力を抜いて、まずは文章というものを楽しんでみましょう。

たしかに「本を読むだけ」は避けたい

上記したとおり、本にはいろいろな解決法が書かれているのですが、本当に重要なことは学んだことをベースに実際に行動をおこすことです。

 

ノウハウマニアは一番ださいので、不器用でもいいので本をベースに行動をしてみましょう。

僕も大学受験のときに勉強法の本を読んで、それをベースに行動したら成績が爆発的にあがりました。

 

ここまで読んで「読書は意味ない」と思いますか?

人の考えを変えるつもりはありませんが、一度深く考えてみてはいかがでしょうか。