NOW UPDATING...

HASTA LA VISTA BABY

読んだ本を管理する方法は「ブクログ」に登録することです

*本記事は2018年10月26日に更新されています

f:id:updateplan:20181026221912p:plain

あなたは読み終わった本をどうやって管理していますか?

僕は「ブクログ」というサービスを使用しています。

 

ブクログは下記のようなサービスを提供しています。

・本の感想や評価のチェックができる

・自作の本棚で本の管理ができる

・自分で感想を書くこともできる

大学生のころからずっとこの「ブクログ」を使っていてかなり便利なので紹介いたします。

本記事の内容

・読書のモチベーションが高まる管理の仕方

・読みたい本がなければランキングをみよ

・気になった人をフォローすることもできる

読書のモチベーションが高まる管理の仕方

ブクログに本を登録するときはいくつか選択肢があります。

・読みたい

・いま読んでる

・読み終わった

・積読

最初は適当に登録していたのですが、途中からアカウントをつくりなおして「完全に読み終わった本」のみを登録するようになりました

 

そうするとブクログ内の本棚には「読み終わった本」しか並びません。

つまり、一度読み終わらないと本棚がスカスカのままなのです。

 

人によって違うと思いますが、スカスカのままでは何となく気持ち悪いので必死に本を読むようになります。

そうすることで高いモチベーションを保ちながら本を読むことができるのです。

 

たくさん埋まってきても、そのころには読書習慣が身についていると思うので心配する必要はありません。

ちなみに僕は2018年10月26日の時点で522冊登録されています。

 

ちなみに僕の当面の目標は2,000冊読破することなので、モチベーションがしっかり保たれています。

 

読みたい本がなければランキングをみよ

中には「本を読みたいと思っているけど、何を読んだらいいかわからない」という人もいるかと思います。

そういうときはブクログ内でランキングがあるので、1位から順番に読んでいけばいいです。

 

ランキングは基本的に万人受けするものばかりなので、読んでも損はしないんですよ。

僕個人としてはランキングにはいっている本はあまり読まないのですが、迷ったらランキングを参考に読む本を決めればいいと思います。

 

デイリーランキング、週間ランキング、月間ランキングにわかれていたり、漫画や文庫、新書などでカテゴライズされたりしていますので、気に入ったカテゴリーにある本から読んでいけばOKです。

気になった人をフォローすることもできる

僕は現在フォローしている人はいないのですが、他人の本棚をみることができるので(非公開の場合はみることができません)、気に入った人がいればフォローすることができます。

 

ブクログ談話室というのもあって、気になっているテーマがあって話したいなと思ったらテーマアップして話をすることができます。

そこで、交友関係を深めてフォローし合うのも面白いと思います。

 

単純に読んだ本の管理をしてもいいし、読書というものを色々な人と楽しみたいという人にとってもピッタリのサービスだと思います。