NOW UPDATING...

HASTA LA VISTA BABY

質問をするときは「自分が今どういう状況なのか」を伝えよう

*本記事は2018年11月7日に更新されています

f:id:updateplan:20181107185050p:plain

 

先日、僕の貿易実務検定の記事を読んでいた方から下記のような内容の質問がメール経由で飛んできました。

2018年12月2日に貿易実務検定C級を受験するけど、流れが頭に入ってこないし、英語も苦手です。あと1ヶ月で間に合いますか?

仮にあなたが質問を受ける側だとして何を考えますでしょうか?

 

僕の見解と人に質問を投げかけるときの最低限の情報について説明します。

本記事の内容

・質問に答えることができない理由について

・まず「自分が今どういう状況なのか」を具体的に伝えよう

質問に答えることができない理由について

僕は上記のような内容のメールをみたときに「これでは答えることができない」と思いました。

なぜなら今どういうレベルなのかが具体的に伝わってこなかったからです。

 

このメールから受け取ることができる情報は下記の通り。

 

・2018年12月2日に貿易実務検定C級を受験する

・貿易実務の流れが頭に入らない=知識がほぼない

・英語が苦手

 

この3つだけの情報でどうやって1ヶ月で間に合うかどうかを判断できるのでしょうか。

ただ、せっかくメールまで送ってくださったので、できる限り質問に答えようと思いました。

 

まず一般的に1ヶ月あれば受かる(と思う)ということを言って、具体的に今使用している参考書や問題集を教えてくださいと返信しました。

 

僕の返信から1週間以上たちましたが、いまだに先方からの返信はありません。

とても失礼ですよね。安心したいだけだったとしても「ありがとうございました」くらいは返すべきです。

まず「自分が今どういう状況なのか」を具体的に伝えよう

この例に限らず、質問をするときは何でもそうなのですが、まず「自分が具体的にどういう状況なのか」を伝えるようにしましょう。

 

インフルエンサーたちもこの手の質問に悩まされているようで、Twitter上ではDMの内容をさらした上で注意を喚起しています。

*「1ヶ月でどれくらい稼げるようになりますか?」などの謎の質問がとんでくるようです。

 

今回のような貿易実務検定の質問であれば下記のような情報は最低限ほしいですね。

 

・いつの試験を受験するのか

・今使っている参考書、問題集は何か

・どのように勉強をしているのか

・過去問を解いて何点なのか

・会社勤めであれば、勉強に使える時間は1日何時間なのか

・英語力を示すものは何かもっていないのか

・英語力を示すものがなければ体感で中学レベル、高校レベルなどを伝える

 

これでようやくどうにか質問に答えられるレベルですよ。

 

これでも1ヶ月で合格するような勉強法を提示できるかわかりません。

実際にその人に会っていませんし、どの程度のモチベーションなのかもわかりませんからね。

 

人に質問をしてアドバイスをもらいたいのであれば、相手のことを考えて答えやすいように情報をそろえて質問をすべきなのです。

質問に答える側は超能力者ではないので、具体性がないとスルーするしかないのです。