NOW UPDATING...

日本で1番「経験豊富」な男です

どうしてもつまらない仕事をやらないといけないときは「没頭すること」が秘訣です

*本記事は2018年11月12日に更新されています

f:id:updateplan:20181112204622p:plain

 

2018年11月は10万円を稼ぐまで日雇いバイトをするという目標を立てているので、10万円を稼げるぶんだけのシフトをいれています。

関連記事:日雇いバイトしたら「もっとブログがんばろう」と思った理由 - NOW UPDATING...

 

しかし、仕事内容が本当におもしろくない作業ゲ―なので、どうやって約8時間を有意義に過ごすことができるか研究をしているのですが、バイト2日目にして糸口がみえてきました。

 

それは「没頭すること」なのです。

なぜ没頭することでバイトを有意義なものに変えることができるのか説明します。

本記事の内容

・没頭することで時間が飛んでいく

・効率性をあげる努力をし始める

没頭することで時間が飛んでいく

僕は昔「モンハン」にはまっていました。

巷では「作業ゲ―」と呼ばれるもので、ゲーム中に実のない行為を繰り返さざるをえないゲームなのですが、この作業が僕は好きでした。

 

何度も何度も同じモンスターを狩って、アイテムをゲットして集めて、新しい武器を作り上げるというプロセスがとても好きなのです。

 

日雇いバイトはこれに似たような感覚があります。

バイトをやることによって何か強くなるわけではないのですが、ミニゲームに没頭して数千円をゲットするという感覚なのです。

 

クリアしたら数千円もらえるミニゲームに没頭することによって飛ぶように時間が過ぎていきます。

さすがにラスト2時間あたりでバテてきて、時計を気にしてしまうのですが、没頭しているときは時間が気になりません。

 

あなたがもし会社でつまらない作業みたいな仕事に取り組まなければいけないのであれば、報酬つきのミニゲームだと思って没頭して乗り切りましょう。

効率性をあげる努力をし始める

ミニゲームですので、何度も何度も同じ方法で作業をするアホはいません。

スコアをあげたいのであれば、どうやって効率良く作業をするのかを考え始めますよね。

 

ようするに没頭することによって効率性をあげる努力をするのです。

漫然と「はやくおわんねぇかなー」と思いながら、作業をすると長く感じてしまいます。

 

なので没頭をしてゲーム化して効率よく作業を進める方法をいろいろ試しているうちにいつのまにか終わっているものなのです。

 

なので、つまらない仕事は超絶集中して時計をみるのも忘れるくらい没頭して勝手に終わるという対処の仕方が理想的なのですよ。

 

今の仕事がつまらないという人は参考にしてほしいですね。