NOW UPDATING...

日本で1番「経験豊富」な男です

言われたら無視していい3つの言葉

*本記事は2018年11月17日に更新されています

f:id:updateplan:20181117222120p:plain

 

自分な好きなことをやっていて没頭しているときに、他の誰かからいろいろ言われるとけっこう鬱陶しいと思います。

 

例えばブログに集中しているときに「もっと堅実に公務員とかの方がいいよ~」と言われたらどうでしょうか?

 

さらに公務員を選ぶ理由を聞いたら「なんか安定してるっぽいじゃん?」という根拠不明な意見であったときは、「本当にコイツは何を言っているのだ?」という気持ちになるかと思います。

 

数ある発言の中でも無視をしていい3つの言葉をお教えします。

これを言われたら僕は完全にシャットアウトします。

*現にこれを言われた瞬間、Twitterをひらいてガン無視を決め込みました。

本記事の内容

・ちゃんと就職したほうがいいよ

・手に職つけた方が良いよ

・リタイアするにはまだ早いよ

ちゃんと就職したほうがいいよ

このフレーズをちゃんと就職していない人から言われたので、けっこう頭にきたんですけど、会社崇拝者がまだまだ一定数いるのですよ。

 

たしかに会社員は年金や保険料の支払いについてあれこれ悩む必要がないし、クレジットカードなども簡単につくることができるし、少なくとも日本という国では最高の信用を示すものとなり、このメリットをいかせばけっこう思い切ったことができるのは事実です。

 

しかし、こういうフレーズをいってくる人はだいたい何も考えていません

理由をきいてみると、いつも「なんとなく」とか「とりあえず」なんですよ。

 

人の人生に対して「なんとなく」とか「とりあえず」とかいう理由にもなっていない理由で口出ししてくる人のことはいっさい信用する必要がありません。

 

フリーなんてわけわからんことはやめて、ちゃんと社会に戻ろうよ。

このフレーズは聞いた瞬間、即シャットアウトですね。

手に職つけた方がいいよ

「例えば司法書士の資格を取るとかさ」ということを言われました。

なぜ僕が好きでもないし興味もない資格をとらなければいけないのでしょうか。

 

そしてなぜ資格などをとったり手に職をつけるとまともに仕事ができると思っているのでしょうか。

例えば、弁護士資格をとったところで営業力や対人力がなければまったく食えません。

これは公認会計士資格でも医師免許でも同じことです。

 

そういうソフトな能力が仕事の勝敗を決めるのに、なぜ資格をとったら無条件にくいっぱぐれないと思っているのかかなり謎です。

 

どうせ資格の有無も関係ない世界なのですから、自分が好きなことをやった方がいいにきまっています。

それに手に職つけた方がいいよといってくる人のほとんどが、手に職がありません。

リタイアするにはまだ早いよ

これはヤバすぎる発言ですね。

仕事を辞めるのに早いも遅いもあるんですかね?

 

自分の好きなタイミングで仕事についたり、仕事を辞めたり、フリーで仕事をつくったり、あるいはアルバイトで好きなタイミングで仕事を入れたり、働き方は多種多様なはずなのに、会社を辞めたら「リタイアした」の一言で片づけるのは見識がせまいと言わざるをえません。

 

こういってくる人はだいたい「ことあるごとにタイミングを見失い、あらよあらよという間に年をとってしまった」パターンが多いです。

誰が決めたわけでもない「社会の常識」とやらにとらわれて、もっと自由であることを知らずに世の中を生きてきたのでしょう。

 

世界はもっと自由で、かつ人に口出しされる筋合いがないということを基本として生きていれば、スルーすべき言葉と聞き入れるべき言葉の区別がつくと思いますので、誰の発言も気に留めず、必死で世界を生き抜きましょう。