NOW UPDATING...

日本で1番「経験豊富」な男です

経験にお金を使ったほうがいい理由

*本記事は2018年11月18日に更新されています

f:id:updateplan:20181118224643p:plain

 

あなたは普段何にお金を使っていますか?

生活費、食費、家賃、旅行などなど選択肢はたくさんありますが、僕は「経験」にお金を使うことをおススメします。

 

「経験」にお金をつかうというのは、消費財にお金を使わないということです。

食べ物や嗜好品などにお金をかけてしまっている人は損をしています。

 

本記事では「経験」にお金を使ったほうがいい理由を説明します。

本記事の内容

・「経験」は資産になる

・価値観はいろんな角にぶつかって形がつくられる

「経験」は資産になる

結論から言いますと、「経験」は資産になります。

つまりお金をかえて経験を積むことによって、自分の中で蓄積されるのです。

 

これは簡単なことで、「経験した瞬間から忘れていく人」は基本的にいないからです。

確実に自分の中で一つの経験から学んでいることがあって、その積み重ねで唯一無二の存在になれるのです。

 

しかも、その経験が大きければ大きいほどレバレッジがかかるのです。

大きな経験というのは非常にリスクが大きく、場合によっては致死率が非常に高い経験だってあるのです。

 

例えば、台湾に旅行に行ってきたという経験より、殺人発生率がダントツで高いエルサルバドルを旅行してきたという経験のほうが圧倒的にリスキーです。

 

しかし、後者の経験をしている日本人はほとんどいないでしょう。

リスクが高い経験ほど希少価値が跳ね上がるので、できればこういった経験にお金をかけるほうがいいです。

 

もちろんエルサルバドルを旅行するという極端なことをしなくても、お金を払って貴重な経験を積んでいくのは自身の希少価値を高めることになります。

 

もう一つ、僕がまだ力をいれていない経験なのですが、おそらく絶大な効果があることで「すごい人に会う」という経験もいいでしょう。

 

なんらかのトークイベントでもいいですし、運に恵まれたらお金を払いさえすれば話すことができるかもしれません。

これは芸能人など目立つ人だけでなく、「自分にとってすごい人」でかまいません。

 

目標にしている人、あるいは努力を重ねて肩を並べたい人とお金を払いさえすれば会えるというのであれば、すぐにお金を払って会いにいくべきだと思います。

 

以上のように「経験」にお金を使うことは資産を形成することと同じなので、積極的につかっていきましょう。

価値観はいろんな角にぶつかって形がつくられる

あなたあ「自分の価値観」というものにどれほど自信をもっていますか?

価値観は絶対的なものだと思っているかもしれませんが、経験を積むと、いとも簡単にひっくり返ることがあります。

 

そもそも、あなたの価値観というものは生まれてからいろいろな体験をしたり、いろいろな人と話をする中で身につけたものですので、絶対的なものでないに決まっているのです。

 

お金を払って経験を積んで、お金を払って人と話すことによって価値観はいろいろな角にぶつかります。

中には納得できない価値観もあるかもしれないのですが、そこにも真剣にぶつかってみると、ドンドン価値観が磨かれていくのです。

 

僕は「やりたいことリスト100」というものに命をかけていますが、これも経験を稼ぐために目標を立てているのです。

この「やりたいことリスト100」のおかげでいろいろな経験ができていますし、これからも経験を積むことができます。

 

重い腰をあげてさっそく気になっていることを洗い出して、お金で解決できるのであればさっさとお金で解決してしまいましょう。

そして消費財や嗜好品など何も産み出さないことにお金をつかわずに、経験にお金を積んでいきましょう。