NOW UPDATING...

日本で1番「経験豊富」な男です

ツイートが拡散してもフォロワーが増えないのは「ターゲットユーザーに届いていないから」

*本記事は2018年12月4日に更新されています

f:id:updateplan:20181204112948p:plain

 

2018年12月3日に#ペンチメントというタグをつけて下記のようなツイートをしました。

内容自体は本音でして、2018年の7月に家族であった犬がこの世を去ったときの心情を書きました。特にツイートを拡散させるための創作とかではないです。

 

このツイートは茂木健一郎さんによりリツイートされ、87いいねをいただいています。

しかし、増えたフォロワーはなんと2名

 

この事実からわかることは「ツイートは拡散されるだけではダメ」ということです。

もっというと「ターゲットユーザーに届いていなければフォロワーは増えない」ということを示していますので、本記事で詳しく説明します。

本記事の内容

・拡散させるだけなら簡単

・ターゲットユーザーの間で広がないとダメ

・もっというと「この人すごいよ」という口コミが必要

拡散させるだけなら簡単

正直いって、ツイートを拡散させるだけなら簡単です。

「フォロワーが多い人にリツイートしてもらえばいい」んですよ。

 

今回、茂木健一郎さんがTwitterで#ペンチメント(イタリア語の「後悔」という単語を変化させたもの)なエピソードを募集していたので、それに従ってツイートをしました。

 

茂木さんのフォロワーは約143万人ということでリツイートされれば確実に広がっていきます。

そしてリツイートされて、4万弱のインプレッションを獲得しています。

*143万人もいるのに、ジョーブログのいいねとプロ奢のリツイートを合算した数値とほぼ同じってどういうこと?とは思いましたが…w

 

この手法を使えば、拡散はされます。

しかし、試しに1万いいねとかもらっている人のアカウントをみているとわかるのですが、フォロワーは増えていないんですよ。

 

今回の僕のパターンと同じで、ツイート自体は有名だけど、アカウントは認知されていないということはけっこうあると思います。

今年の夏で台風がきたときに「アルティメット鹿児島弁アニキ」が有名になりましたけど、そのツイートをした人を覚えていますか?いないと思います。

ターゲットユーザーの間で広がないとダメ

今回僕がツイートした内容は上記の通り、嘘偽りないですし、当時は声が出せないくらい泣いた悲しいできごとでした。

しかし、このツイート内容のテイストは普段僕がつぶやいている内容とはかなりかけ離れています

 

普段僕がつぶやいていることは「インプットしていることと、そのアウトプット」や「やりたいことリスト100」の進捗などです。

今回のツイートのような「感情をゆさぶる」ようなツイートはしていません。

 

エモくて感情をつさぶるツイートを好む人むけで発信していないので、フォロワーが増えるわけないのです。

フォロワーが増えるプロセスは、ツイートを見る→興味をもつ→プロフィールを見る→おもしろいと思ってもらう→フォローするです。

 

今回、拡散をされたので多くの人にプロフィールをみてもらっていますが、ここでツイート内容とかけ離れていたため、フォローされないということになったのだと思います。

 

プロフィールを見てもらったあとにフォローするというゴールにたどりつかないとフォローされるということはありません。当然ですよね。

もっというと「この人すごいよ」という口コミが必要

もっとフォローを増やすのであれば、「口コミ」が必要になってきます。

簡単にいえば、リツイートされるだけでなく「この人すごい!」とか「この人面白い!」といった内容でメンションしてもらえるとフォローが増えます。

 

結論としては「Twitterじゃなくて、もっと現実世界でがんばろうね」ということです。

ノウハウばっかり集めていないで、ブロガーであればブログを書きまくってアクセス数稼いで、広告収入をガンガン稼いだり、アフィリエイトで商品をガンガン売っていったりといったような地道な努力が必要なんですよ。

 

結果が出れば勝手にフォロワーが増えていきますし、小手先のテクニックでフォロワーが増えたとしても「はて、自分は何をしたいんだろう」とう間抜けなことを言い始めますよ。

 

フォロワーは手段であって、目的ではないので、つべこべ言わず現実世界で努力しろということですね。