NOW UPDATING...

日本で1番「経験豊富」な男です

ブログ記事を1本削除した理由

*本記事は2018年12月4日に更新されています

f:id:updateplan:20181204184518p:plain

 

今日、「自分のポジションを明確化しよう」みたいな記事をアップしたんですけど、削除をしました

このブログではけっこう今読むと恥ずかしい記事というのがあるのですが、それでも削除をしてきませんでした。

 

しかも僕は5,000記事更新を目指しているので、記事削除というのは個人的にかなりの痛手なのですが、それでも決行した理由を説明します。

本記事の内容

・タイトルと内容がかなり違っていた

・あまりにもひどいのは世に出しちゃダメだよ

タイトルと内容がかなり違っていた

結論として「タイトルと内容がかなり違っていたから」です。

今思えば、なんでこんな記事を書いてしまったのだろうという感じなのですが、ようするに自分のポジションを明確化しようという記事なのに嫌いなタイプの人間の特徴をひたすらあげていったんですよ。

 

少し時間がたったあとに、あらためて記事を読んでみると「え…ひどい!!」となったんですよ。

書いているときには、記事のクオリティの低さに気づかなかったんですよね。

 

あまりにもひどいなと思ったので削除をしました。

他にも削除してしまいたいなという気持ちになる記事はあるのですが、成長度を確かめるためにブログ内に置いておいたんですよ。

 

しかし、今回のは置いておくまでもなく内容の薄いゴミ記事がうみだされてしまったんですよ。

ブログをはじめたばかりであれば、上記の通り成長度を確認するためにとっておいてもいいのですが、もう2年以上たちますのでさすがに置いておくのはやめます。

あまりにもひどいのは世に出しちゃダメだよ

やっぱりブログ記事を書いて、それを読んでもらって、ついでに広告をクリックしてもらってお金をもらっているので、本当にヤバい記事というのは世に出してはいけないと思います。

 

上記の通り、初心者であれば、何がダメで何がいいのかについてはわかりませんので、放置しておいてもいいと思います。

僕だって2016年にアップした記事は95%くらい削除したいなという気持ちでいますからね。

 

しかし、2年以上たっています。本読んだり他の人のブログを読んだりしながら自分のブログに反映させていき、何となくでもいい記事と悪い記事の区別くらいはつくようになってきています。

 

そういう状況の中で、誰も得をしない記事をあげてもしょうがないんですよ。

会社員でもそうで、2年目、3年目になれば初歩的なミスは許されませんよね。

 

今回の件を猛省して、ブログ記事を積み重ねていきます。