NOW UPDATING...

日本で1番「経験豊富」な男です

図書館でブログ書くのは向いていなかった【理由は休憩しにくいから】

*本記事は2018年12月4日に更新されています

f:id:updateplan:20181204213955p:plain

 

今日は図書館にいって、パソコンを開いてブログを書いていたんですけど、作業場としてまったく向いていなかったので、なぜ向いていなかったのかを説明します。

 

図書館で書いた記事はけっきょく削除したので、気になった新書を読むだけになってしまったのですが、基本的に図書館は本を読む場所ですね。

本記事の内容

・静かすぎてタイピングするのに気をつかう

・休憩するのが難しい

・調べ物をしながら記事を書く時にはいいかもしれない

静かすぎてタイピングするのに気をつかう

最寄りの図書館は受験が近づいているからか、多くの高校生が勉強をしていてパソコンをつかいにくいのです。

タイピングの音が大きいわけではないのですが、やはり少しでも集中して勉強してほしいなという気持ちが先行してしまい、なかなかタイピングできないんですよね。

 

とはいえ、これは高校生が勉強していないスペースを見つけてパソコンをいじればいいので、全体の理由のうち多くを占めているわけではありません。

 

ブログを書くというのはタイピングを避けて通れませんので、これは致し方ないことです。

休憩するのが難しい

僕のやり方がおかしいのかもしれませんが、基本的に休憩するときは体を動かしたいタイプなので、図書館はかなり休憩しづらいです。

 

いちいち離席するのも面倒ですし、図書館をうろうろするのもなんだかなといった感じでけっきょく本を読むんですけど、それはそれで疲れてしまうんですよね、いくら好きなことでも。

 

基本的に飲食が禁止されているので、何かを食べたり飲んだりすることも難しいので、そういった意味でも休憩できないんですよ。

なので、1日中図書館にこもって勉強している高校生はすごいなと思います。

*思えば、受験生のときもずっと自習室とか図書館にいるの苦手だった…

 

なので、僕が家の外で作業をするのであれば、下記の条件がそろっているところがいいですね。

 

・飲食OK

・外出できる

・タイピング音が気にならない

 

以上ですね。

コワーキングスペースとかで作業するのもいいかもしれませんが、僕はマイペース人間なのでまわりに意識高い人が多いと「めんどいなぁ」と思ってしまうかもしれません…

調べものをしながら記事を書く時にはいいかもしれない

図書館をうまく利用する方法として「調べものをしながら記事を書く」というのがいいかもしれません。

 

当然、参考にできる資料はまわりにたくさんありますので、何かテーマを決めてがっつり記事を書きたいときにはかなり有効なスペースになりますよね。

 

ネットで調べることもできるのですが、ネットで検索できるということはもうすでに誰かが書いていて、それで検索上位をとっているということです。

なので、図書館にいってすでに検索上位にある記事の内容を上回れるように有益な情報を盛り込むという手をとるのも有意義な使い方だと思います。

 

ということで、基本的に図書館はブログを書くのに適していませんが、使用目的によってはかなり有効ですよという話でした。