「ブログはオワコン」に振り回されてはいけない理由

*本記事は2018年12月11日に更新されています

f:id:updateplan:20181211231641p:plain

 

各有力ブロガーたちが「ブログはオワコン」ということを言っています。

僕も話を聞く限り、アフィリエイトで大儲けするのはむずかしいかなと思っています。

 

しかし、多くの人はこの「ブログはオワコン」という説の本意を理解せずに感情的に反応しない方がいいという理由について説明します。

本記事の内容

・「ブログはオワコン」説の本意は理解していますか?

・ほとんどの人があてはまらないからブログを書き続けていい

・「一度言ったことはやめずにやり抜け!」は論外

「ブログはオワコン」説の本意は理解していますか?

簡単に言ってしまえば「ビッグワードは企業が参入してきて個人では太刀打ちできないから」です。

また、アフィリエイトやアドセンスに依存しているとGoogleのアップデートに収益が左右されてしまい、不安定であるということもあります。

 

もう一つ忘れてはいけないことは、「月に30万円程度であったらまだまだ稼ぐ余地がある」ということです。

ようするにイケダハヤトさんみたいに、さらなる収益を上げたい人以外はまったく関係のない話なのです。

 

ただ単純に「ブログはオワコン」という言葉に揺さぶられて、あっちへフラフラこっちへフラフラしないようにしましょう。

なんでオワコンなのかというところを精査して、自分だったらどういう行動をとるのかということを考え抜きましょう。

 

僕はブログだけで生活していくつもりがないので、このまま5,000記事投稿という目標まで突っ走ります。

それに2年以上書き続けることができているということは文章を書くということが好きだということです。

 

好きこそものの上手なれじゃないですが、このままライティングの能力は上げ続けようと思っています。

ほとんどの人があてはまらないからブログを書き続けていい

マジな話、ほとんどの人がブログオワコン説に該当しないので、安心してブログを書き続ければいいと思います。

ただ、もっと競争が激化したときに対応できる自信がない人は違うビジネスも考えておきましょう。

 

僕もブログを一生懸命書きつつ、動画などにも注力したり、SNSマーケティングを強化したり、自分の商品をもてるようにアンテナを広げていきます。

僕もあてはまらない側ですので、好きなブログをどんどん大きくしていきますよ。

「一度言ったことはやめずにやり抜け!」は論外

一部に「一度言ったことは最後までやり抜け!詐欺師だ!」という人がいますが、論外です。

 

というか仕事したことないんですか?

採算のとれない事業なんて断ち切ったり、他社に売るに決まってるじゃないですかw

 

こういうことを言っている人は、たぶん経営者になったら「自分が最初に言ったことは採算がとれなくても最後までやり抜くんだ!」とかいって、案の定倒産するんでしょう。

 

稼げないことはやらないというのは非常に合理的な判断ですし、こういう大きな決断をサクッとできる決断力も見習うべきところですよ。