お金をもらうのは後回し!まずは無料で提供しまくれ!

*本記事は2018年12月18日に更新されています

f:id:updateplan:20181218112658p:plain

 

あなたは周りの人にじゅうぶん与えることができていると思いますか?

僕は「けっこう与えてるなぁ~」と勘違いしてたんですよ。

 

ブログ記事もたくさん書いているし、なにかお金をとったこともないですし。

それで「そろそろ有料のコンテンツとして参加費のかかる企画をやってみるか」ということで、誕生日企画をやってみたんですよね。

www.update-plan.com

 

ブログ内でも何回か言及してますけど、これが大失敗したんですよ。

参加者1名だし、その参加者は僕が所属しているシネマサロンのメンバーという有様。

 

実質、SNSから集客できたのは1名もいないということになります。

今考えたら、本当にアホなことをやったなという感じなのですが、たくさん問題点がありました。

 

まず、なによりも「まだ与えきれてないよ」という話なのです。

無料で提供できる限界値まで行動することができていませんし、集客できるほど希少価値の高い知識をもっていませんし、貴重な経験をしていません。

本記事の内容

・お金は後からついてくるもんだ

・無料。徹底して無料。

お金は後からついてくるもんだ

まず僕が勘違いしていたことは「お金は有用なこと、メリットがあることに集まる」ということ。

ところが人間はおもしろくて、「何が提供されるか」よりも「誰が提供するのか」を気にする動物なのです。

 

例えばブログ論についてnoteに書いたとして、イケダハヤトさんと僕がまったく同じ内容で販売すると、100%の人がイケダハヤトさんから提供されるブログ論noteを購入するんですよ。

 

人間の脳は直感的にわかりやすい指標、つまり人の実績やポジションで判断するようにプログラミングされてるんです。

人間も動物なので、直感でわかりやすいことが最初に脳に入らないといけないようになっているに決まっているのです。

 

なので、何者でもない人は絶対にお金をとることはできません。

僕がどれだけブログを書いたとしても、「この人といえばあれ!」みたいなポジションにつかない限りお金をとることは不可能です。

 

「この人といえばあれ!」ということがいわゆる信用と呼ばれて、今多くのインフルエンサーたちが「お金より信用を稼ごう」という発言をしているわけです。

無料。徹底して無料。

ここで間違えてはいけないのは、実績をつくれるまで発信活動をしないという選択肢をとることはNGです。

 

何もないからこそ、今もっている自分を徹底して無料で出し切るのです。

出し切らないと新しい知識を得ようという気も起きませんし、新しい経験をしようという気も起きません。

 

結局、成功するかしないかが運であることと同じで「この人はこれ!」みたいに認知されるのも運しだいなので、今もっているものを吐き出して、それをつなぎ合わせたり新しいことをしたりしていくうちにオリジナルがうまれて、認知される可能性が高まるという仕組みです。

 

情報や経験でお金を稼ぐって相当大変なことなんですよ。

けっこう楽をしたいからという理由で始める人が多いみたいですし、こういうブログやYouTubeというのは「不労所得」だと思われている節があるので、注意すべき点です。

 

ぶっちゃけた話、会社員の方がはるかに楽ですよ。

自分が活躍できそうなプラットフォームができていますし、結果を出さなくてもとりあえず毎月20万前後くらいは振り込まれるじゃないですか。

 

ブログやYouTubeなんてずっとアイデアを出し続けて、行動して行動して行動しまくらないとお金にならないし、お金稼げなかったら0円ですよ。

 

僕はこのギリギリの状態の中にいるのが好きなので、わざと飛び込んでみましたけど、なんも後ろ盾なかったら死ぬ思いですよ。

 

ということで毎日、無料で提供しまくりましょう。