NOW UPDATING...

日本で1番「経験豊富」な男です

何もない人がブログを書くための方法

*本記事は2018年12月19日に更新されています

f:id:updateplan:20181218234825p:plain

 

自分には大した実力もないし、今熱心に取り組んでいることもないのでブログを書きたいけど、コンテンツが見つからないという人に朗報です。

 

まずコンテンツというのは、もともとストックしているものから出していくのではなく、自分から生み出していくものです。

 

僕だって2年前にはじめたときは今考えると信じられないくらいコンテンツ力ありませんでしたよ。

1000字書ければいい方でしたし、画像も貼り付けないで、とにかく会社の不平不満をぶちまけるだけの大して面白くもなんともないブログでした。

 

今でももちろん満足していないけど、何もなくてもコンテンツを生み出す方法があるので、一つずつお教えしたいと思います。

本記事の内容

・企画を考えて発信せよ

・コンテンツが無いなら走りながら考えよ

・自分の言葉に自信がないという人へ

企画を考えて発信せよ

何もない人は単純にこれから生み出せばいいだけの話です。

なんでブログにこだわるのかという話はとりあえずおいておきます。

 

僕がおすすめするのは「企画を考えて発信する」ということです。

どんなにくだらないことでもいいです。

 

「セブンイレブンの新作スイーツを食べてみた!」でもいいんですよ。

あとは「1週間毎日5㎞ランニングしてみた」とかでもいい。

 

とにかくコンテンツを生み出して発信するということがどういうことか体感してみると普段どういう生活を送ったらいいのかが見えてきます。

 

企画を次々と考えてくると楽しくなってきて、中にはずっとやり続けることができることに出会えるかもしれませんよ。

 

ちなみに僕は「2か月で4か国語習得する」という挑戦と「48時間耐久ホラー映画祭り」という企画を実行しています。

2か月で4か国語を習得するなど、中長期間で続くような企画はそのあいだコンテンツに困ることはありません。

 

発信できることがないのであれば、積極的につくっていきましょう。

コンテンツが無いなら走りながら考えよ

やってはいけないことは「準備をする」ということです。

関連記事:勉強してから、準備してから始める人多すぎ問題 - NOW UPDATING...

 

発信できるまで準備を整えるというのはかなり時間の無駄です。

コンテンツは上述した通り、自分で生み出すことができるので、準備なんてしないでさっさと始めてしまいましょう。

 

特に今はスピード感がないとおいていかれるので、思い立ったらすぐに行動し、それをコンテンツにしていきましょう。

 

会社で仕事するときもフリーでなにかやるときも同じなのですが、走りながら考えるという習慣を身に着けましょう。

特に会社員の場合、なんでもかんでも石橋をたたいてわたろうとする傾向がありますので、走りながら考えることができる人は重宝されますよ。

 

ブログに書いてはいけないことなんてほとんどないのだから、自分の人生で発生したすべてのことをコンテンツにして発信していきましょう。

自分の言葉に自信がないという人へ

自分の発信する力に自信がない人には朗報です。

誰もあなたのことに興味なんかありませんよ。

 

2年以上ブログを書いてきて思うのですが、人に興味もたれるって相当発信しないとダメですよ。

僕はこのブログに600記事以上投稿していますが、いまだに道半ばだなと思っていますからね。

 

みんな誰もが最初は自信がないのですから、何もないなと思っていてもとにかく始めてみましょう。

あとは勝手に脳が適応していって、記事の内容をいちいち考えずに済むようになります。

 

変なプライドは捨てて、さっさと企画を考えてとりあえず始めてみましょう。

きっとどれかが成功して注目をあびることになると思います。