NOW UPDATING...

日本で1番「経験豊富」な男です

インフルエンサーは「結果論」。絶対に簡単ではない。

*本記事は2018年12月20日に更新されています

f:id:updateplan:20181220190801p:plain

 

最近、インフルエンサービジネスが盛り上がろうとしていますね。

個人として影響力が大きく、ユーザーの行動をうながすような人たちですね。

 

彼ら彼女らは自らの影響力を駆使して自分の商品や広告に誘導することによってお金を稼ぐことができる人たちです。

 

利益率を考えるととても高く、非常に効率のいいビジネスモデルで多くの人がインフルエンサーを目指すのもわかります。

 

でも、インフルエンサーって「結果」だと思うんですよ。

つまりなろうと思ってなるもんじゃないし、なろうと思えば思うほど空回りすると思います。

本記事の内容

・メッセージがないのにインフルエンサーになれるわけないだろ

・お金に注目する人はお金を稼げない

メッセージがないのにインフルエンサーになれるわけないだろ

まず、特に伝えたいメッセージもないのにインフルエンサーになれるわけないだろという話です。

「インフルエンスする=影響力を与える」ということはメッセージが明確であるということです。

 

特に世の中に問いたいこともないのに、誰がその人の言うことを聞き入れて行動するようになるんですか。

単純にフォロワーが増えれば、インフルエンサーになれるとでも思っているのでしょうか。

 

フォロワーの厚みがない人は1万人ちかくフォロワーがいても、誰もいいねしていません。

主にRT企画などで増やした場合、フォロワーが多いのにもかかわらず極端にいいねが少ないのです。

 

影響力を与えるということは明確なメッセージがあるうえ、それを毎日のように発信して普段の生活もその考えにのっとったものでなければいけません。

 

「社畜を卒業しよう!」というメッセージがあるのに、メチャクチャバイトしていたり、会社に勤めていたら誰も聞こうとしないですよね。

 

インフルエンサービジネスというのは強い自制心と狂ったような好奇心と行動力がないとなることができないということですね。

お金に注目する人はお金を稼げない

なんでもそうですが、「今月いくら稼ぎました」といっているだけで、そのお金で何をしているのかわからない人って全然おもしろくないですよね。

 

少なくとも僕はそう思っていて、「お金を稼ぐだけ」なのであればインフルエンサーになるよりも会社員の方が確実だし楽ですよ。

 

「インフルエンサーになろうとしている理由」や「自分が本気で伝えたいメッセージ」がないと、人の心には響きません。

 

かくいう僕も最近までフォロワー増やしについてずっと考えていましたし、お金をどうやって稼ぐかについて考えることに時間を費やしていましたが、考え方を完全に変えました。

 

どう考えても大きな影響力をつけたいのであれば、リアルな生活の中で必死に興味のあることに全力で取り組むしかないからです。

ずっと好きなことにむかって突っ走っていたら、いつのまにかインフルエンサーになっていたという道が正解だと思っています。

 

ということで僕は引き続き現実世界で必死になろうと思います。