NOW UPDATING...

日本で1番「経験豊富」な男です

「お金をためて行動」より「失敗したらお金稼ごう」という人生を選びました

*本記事は2018年12月21日に更新されています

f:id:updateplan:20181221202533p:plain

 

当ブログではずっと「行動しましょう」というメッセージを発信してきました。

きっかけは営業をやる中で、「一歩踏み出せば大したことないこと」が世の中にはけっこう多いなぁということを感じたからです。

 

実際、2年以上つとめていた会社を辞めたり、「やりたいことリスト100」というものをつくって目標達成にまい進したりしてきましたが、まだいまいち動けている感じがしない。

 

なにか自分の中で「準備する」という感じがあって、いまいち行動力をあげることができていないのです。

「本当に自分が好きなことで満たされている毎日なのか」と自問自答しても、イマイチ自信がありませんでした。

 

よく考えたうえ、最近結論が出ました。

「お金をためて行動しよう」より「失敗したらお金を稼ごう」という思考に変えようということです。

本記事の内容

・お金がなくても好きなことをやれる

・「お金をためてから行動」にひそむリスク

お金がなくても好きなことをやれる

手持ちのお金が0円だとさすがにやれることは限られてきますが、しっかり方法を考えてみると、大きなお金が必要であるように見えても、実はそんなにお金が必要じゃなかたりするのです。

 

例えば、国内旅行は「ちゃんとお金を稼いでから行こう」と思っていたのですが、少なくとも国内であれば自転車でいけるんですよ。

わかりやすいように極端な例をあげていますが、考えてみれば時間と体力さえあれば自転車でどこでもいけますよね。

海外旅行もLCCなどを使用すれば、けっこう安く行けたりします。

 

ビジネスを始めようと考えているのであれば、何も大きな資本金を用意しなくても、ブログなどの小さなところから始めて、収益が見込めそうなら、開業届をだし、大きな収益を継続的にあげることができそうであれば、起業すればいいのです。

 

世の中に、大金をはたかないとかなえることができない夢なんてほとんどないんですよ。

というか僕がそれを人生かけて証明していこうと思います。

「お金をためてから行動」にひそむリスク

「お金をためてから…」となんでも尻込みをしてしまう人がいますが、そこにはリスクが隠されています。

 

・熱量が今のまま続くかわからない

→いま「やりたい!」という気持ちはお金がたまるまで持続するのでしょうか。

僕は割と飽き性なので、情熱があるうちにやってしまうタイプなので、お金をためてかた行動するということができません。

 

・人生、何が起きるかわからない

→お金をためている間に事故にあってしまい、五体満足ならできることができなくなってしまったらどうでしょうか。

親族や家族が亡くなってしまうかもしれないし、結婚していたら離婚するリスクもありますし、子どもができる可能性もあります。

どうせだったら、熱量があり、五体満足で、何のしがらみもない今やってしまうのがよさそうじゃないですか?

 

何にせよ「準備をしてからやる」って個人的には「すごいリスクテイカーだな」と感じてしまいます。

僕は不要なリスクをとりたくないので、今のうちにやろうとしますね。

 

不確実性あふれる未来に賭ける行動というのはバクチだと思いますので、「失敗したらまたお金を稼ごう」くらいの気持ちでいて、まずは行動するのが一番だと思ます。