ジモティーで相席屋同行者を呼んだけど当日バックレられた話

*本記事は2018年12月28日に更新されています

f:id:updateplan:20181228085031p:plain

 

僕は「3年間限定やりたいことリスト100」というものをやっています。

このリストの中に「相席屋にいく」という項目があるので、ブログのネタにもなるしということで、いってみることにしたのです。

 

あいにく、僕の数少ない友だちに打診してみても誰もいきたがらないので、ジモティーというサイトで募集をかけてみることにしました。

*相席屋はどうかんがえてもコスパ悪いので行きたがらないのは当然です。

jmty.jp

ジモティーというのは無料広告の掲示板で、会員登録することで様々な情報や求人などを掲載することができます。

本記事の内容

・どのように募集をしたか

・同行者とのやり取りの時点でおかしなところあり

・当日、バックレる

どのように募集をしたか

ジモティーという掲示板で「12月〇日に相席屋に行ける方を募集しています」という題名で募集をかけました。

そうすると、募集の3時間後あたりに「〇才社会人です。よかったら一緒にいきませんか?」と声がかかりました。

 

けっこう早くに声がかかるものなんだなぁと思いつつ、その時点で募集をしめきりました。

僕がみていた掲示板だけかもしれないのですが、相席屋同行者を募集している人は何人かいて、ほとんどが女性でした。

女性の場合は友だちがいてもなかなか「相席屋行こうよ!」とは言えないのでしょうね。

 

幸先いいなと思いつつ、その人とジモティー内にあるメール機能で連絡を取り合うことにしました。

同行者とのやり取りの時点でおかしなところあり

さて、最初のやり取りでいきなり「え!?」と思うような質問をされました。

 

「ちなみに、奢りですか?」

 

どういうことなのかわけわからなくなって、女性に奢るのはシステム上避けられないことなので、もしかして同行者であるあなたの分も支払うということ??と思い、聞いてみたところ…

 

「はい。」

 

これがジモティー内の共通認識なのであれば、僕のミスなんですけど、そんな感じしないんですよね。

なんで男性かつ任意参加であるあなたにお金を払わなきゃいけないんだ?

僕が募集要項に「お金は払います!」と書いてあったら別ですが、書いていない…

「参加してあげてんだからお金払うのは当然だろ!」ということ?任意参加だよ?

と、いろいろ頭の中を駆け巡りました。

 

気分を害してはいけないなぁということで「割り勘などいくらかご負担いただきたいと思っているのですが、それだと参加が厳しいということですか?」と聞いてみたところ。

 

「金額によりますけど、大丈夫です」

 

なんだか煮え切らない返答で、とても困ったのですが、これも一つのブログネタになるかとポジティブにとらえて前に進むことにしました。

希望時間を聞いたところ「何時でもいい」ということでした。

 

ということで「当日は〇駅集合で〇時にあつまりましょう。

いきなり初対面で相席屋に行くのもアレなので自己紹介してからいきましょう。

他にご要望があれば言っていただければと思います。」

などなど細かな取り決めと確認をして当日を待ちました。

まぁこの返信も既読スルーだったので、「大丈夫かな、この人」という感じがありました。

当日、バックレる

当日になり、楽しみ半分不安半分で待ち合わせの駅に行きました。

ちなみに僕の最寄駅から集合場所の駅までは約50分程度です。

 

集合時間ピッタリに駅に着いたところ、まだ来ていないようでした。

なので僕は「駅にいます」とメッセージを送りました。

 

僕の世代は集合時間を守らない人がけっこう多いので時間にルーズな人には寛容になっています。

ただ、いつ頃到着するのかは教えてほしいので「いつ頃着くか教えてください」とメッセージを送りました。

 

集合時間を20分ほど過ぎたところでメッセージをみたら、既読にもなっていませんでした。

さすがに怪しいぞということでさらに10分待ってみたところ一切既読もなし、返信もなしなので、「バックレたな」と思い、帰ることを伝えブロックしました。

集合時間が原因だとしてもこれでいいのかということを事前確認していたため、「早すぎる」などの文句は受け付けません。

 

ヤバそうな人だったので、相席屋内でどんな動きをするのか楽しみにしていたのですが、まさかの相席屋にも入れないという事態に愕然としましたが、また挑戦したいと思います。

 

次回の注意点としては…

 

・2人募集するようにして、どちらかがバックレても問題ないようにする

・メッセージのやり取りの中で、確認と連絡ができる人と一緒に行く

 

2つ目に関しては、相手が社会人ということである程度信頼していたのですが、世の中いろいろな人がいるものです。

今回でいろいろ勉強になったので、彼には感謝していますよ。