NOW UPDATING...

日本で1番「経験豊富」な男です

成田山新勝寺まで26㎞を徒歩で5時間20分かけて参拝しに行きました

*本記事は2019年1月1日に更新されています

f:id:updateplan:20190101134653j:plain

 

新年早々、ある企画を実行してしまいました…

それは「自宅から成田山新勝寺まで徒歩で参拝しに行く」というチャレンジ!

 

自宅から成田山新勝寺までは約26㎞ということでハーフマラソン以上の距離があります。

成田山新勝寺にコンパスの針を置き、26㎞ほどの縮尺分、幅を広げてぐるりと丸を描いたら円周上に僕の自宅があることが分かってしまうのですが、まぁいいでしょう。

*いや、わからないか。直線距離じゃないし…

 

結果としては見事成功しました。

25.6㎞を休憩なしで5時間20分歩くと、成田山新勝寺にたどり着くことができます。

本記事の内容

・道のりは暗い田舎道がほとんど

・予想以上に人がいない!!

・おみくじの結果は大吉

・初日の出を拝む

道のりは暗い田舎道がほとんど

12月31日の22時30分に自宅を出て、成田山新勝寺に向かって歩きはじめました。

防寒対策をしっかりしており、ニット帽、手袋、マフラーなどなど完全装備で挑戦しています。

 

事前に成田山新勝寺までの距離と予想時間をグーグルマップで割り出しており、そのときは26㎞、5時間26分と表示されていましたので、おおむねマップで示された数字通りの結果となりました。

 

やはり成田市のまわりは非常に田舎なので、田んぼや畑が多く、街灯がないため少し恐怖感がありました。

しかも、たまに墓地の近くを歩くこともあり、「何も出ないでくれ」と願いながら先を進んでいました。

 

こういう真っ暗な道を進むことがあるときは、ヘッドライトの購入をお勧めします。

1個2,000円前後で販売されているとおもいますので、もし同じようなチャレンジをする人は事前に購入しておきましょう。

 

今回、僕はiPhoneのライトを代用して先に進んでいましたが、電池の消耗や片手がふさがるなどの面倒くささがあるので、ヘッドライトがいいですね。

 

そして、特に休憩時間を設けることなく、ノンストップで成田山新勝寺に到着しました。

予想以上に人がいない!!

僕の予定では午前4時に成田山の参道に到着し、そこから1時間ほど行列にならび境内にはいっていくという計画でした。

事前に調べておいたら、4時から6時までの間は空いていて1~2時間ほどで入れるということでしたので。

 

しかし、到着してみると全然並んでおらず、すんなり境内に入ることができたので予想を1時間以上上回るペースで参詣を済ましてしまったのです。

 

2019年1月1日の日の出は午前6時49分とのことだったので、3時間弱時間をつぶす必要が出てきてしまいました。

ただ、午前4時あたりは寒さのピークに達しており、防寒具を余裕でつきぬけるような寒さが待っており、日の出までの時間はつらかったですね…

おみくじの結果は大吉

僕は毎年、おみくじを引いているのですが、見事「大吉」を引き当てることができました。

「万年吉男」なので、また吉なんだろうなと思っていたんですけど…

 

冗談抜きでたぶん十数年ぶりに大吉を引いたと思います、前回いつ引いたのかはまったく覚えていないです。

別におみくじの結果には何の根拠もないのですが、気分は高揚しますよね!

 

科学的根拠が希薄であった世の中ではおみくじの結果を心のよりどころにしている人もいたんでしょうね。

こういう文化は僕はとても大切にしています。

初日の出を拝む

予想時間通り、7時前後にご来光を拝むことができました。

周りの人は寒さに耐えることができず、まだ太陽が出ていないのに写真を撮っていました。

 

たしかに雲があって、なかなか太陽が姿が現さないので、じれったい気持ちはわかります。

太陽が出てくる間際は完全に我慢比べになっていて、誰が最初に脱落するかみたいな雰囲気になっていましたからね。

 

やっとでてきたときは、美しい太陽に感動しました…

初日の出を長らくみていなかったのですが、あらためてキレイだなと。

 

幸先のいいスタートを切れたとおもっています。

2019年は毎日、必死に前に進んでいこうと思います。