NOW UPDATING...

日本で1番「経験豊富」な男です

宿無し四国八十八箇所巡礼【1日目:71番】

*本記事は2019年1月16日に更新されています。

f:id:updateplan:20190116174712j:plain

 

Twitterやブログでかねてから宣言していました「宿無し四国八十八箇所巡礼」が本日(2019年1月16日)より開始しました。

 

基本ルールとしては下記の通り

・宿無し(ホテルでの宿泊なし)で逆打ち(88番札所→1番札所)すること

・もしお接待にて宿を提供された場合、断らない(お接待は断ってはいけません)

・電車・バスの使用はOK(ただしタクシーは不可)

以上のルールのもと、四国八十八箇所巡礼をしていきます。

 

88番から1番と書きましたが、すでに88番~72番札所までは訪問済みなので、71番札所からスタートとなります。

四国八十八箇所制覇への道【第一回:88番から85番】 - NOW UPDATING...

四国八十八箇所制覇への道【第二回:84番から72番】 - NOW UPDATING...

 

まずは1日目の進捗を報告します。

本記事の内容

・12時35分 高松空港着の飛行機に搭乗

・時間の配分ミスで71番札所のみとなりました

12時35分 高松空港着の飛行機に搭乗

71番札所である「弥谷寺」は香川県にありますので、高松空港へ飛び、そこからバスで高松駅に向かい、電車で「みの駅」まで約50分かけていきました。

 

 高松駅までのバスについてはもう3回目ということもあり、いつも通りにいくことができました。

約40分かかりますので、わりとバスの中は暇ですので、巡礼の際は暇つぶしの道具をもっていきましょう。

 

前日はけっこう緊張していたのですが、ついてしまえば、もうやるしかないので吹っ切れた状態です。

 

徳島県にある1番札所までケガなく、病気なく完遂することを祈って今回の旅がはじまりました。

時間の配分ミスで71番札所のみとなりました

f:id:updateplan:20190116180018j:plain

71番札所である「弥谷寺(いやだにじ)」までは、最寄りのみの駅から徒歩30分程度のところにあります。

 

けっこう疲れますので、70番札所の本山寺から順打ちする人や72番札所である曼荼羅寺から逆打ちでくる人は一休みしてから歩き始めましょう。

 

下の画像にあるような108段の階段がでむかえてきます。

f:id:updateplan:20190116180316j:plain

108段の階段のみならず、まだまだありますよ。

なんせ仁王門から数えたら370段の階段になりますので、かなりしんどいです。

 

摩崖仏といって、がけの部分に仏様が彫られていますので、それも拝んでおきましょう。

僕はロウソクとお線香をあげ、お賽銭をなげて手を合わすというルーティンでお参りをしていますが、正式には般若心経を唱えるなどの手順がありますので、正式にやりたい人は事前に調べておいた方がいいです。

 

四国八十八箇所のお寺には本堂と大師堂がありますので、2つともお参りしておきましょう。

ちなみにアイキャッチ画像が本堂で、下の画像が大師堂となります。

f:id:updateplan:20190116180748j:plain

靴を脱いであがってください。

中には獅子の岩窟といって、お堂の中から岩窟のなかにある仏様を拝むことができます。

 

ここで時間をみたら、すでに間に合わなかったんですよねぇ…

全国どこでもそうだと思うのですが、お寺は17時にしまってしまうんです。

 

夜遅くまで開いていたら、もっと早いのでしょうが、そこが四国八十八箇所の難しいところなんですよ。

どれだけ余裕があっても、お寺が閉まっているので巡礼することができません。

 

さて、今夜は公園の東屋で寝床を構えたいと思います。

明日はもっと近い距離にお寺があるので、バシバシ巡礼できる予定です。

あまり長くいないで、お参りがおわったらさっさと次のお寺にいったほうがよさそうですね。

 

では、また明日、Wi-Fiがつながりそうなところがあったらブログを更新します。

終わったら、YouTubeにも動画を投稿する予定ですので、お楽しみに。