メルカリをつかって新品の本を安く読むための4ステップ【学習効果もバツグン】

*本記事は2019年3月1日に更新されています

f:id:updateplan:20190228211411p:plain

 

あなたはメルカリを使って新品の本を安く読む方法があるのを知っていますか?

しかも、このメルカリ読書法は普通に読むより学習効果が高いのです。

 

さっそく、メルカリ読書法の概要を書きます。

1.Amazonなど購入後にポイントがつくサイトで新品の本を購入

2.ノートをとりながら本を読む

3.キレイな状態で写真をとり、メルカリに出品する

4.売れたら当日か翌日までにキレイに梱包して発送する

 

以上の4ステップです。

 

とても簡単ですので、ぜひマネをしてみてください。

本記事では4ステップの詳細を説明していきます。

Amazonなど購入後にポイントがつくサイトで新品の本を購入

Amazonなどの購入後にポイントが付与されるサイトで新品の本を購入しましょう。

どうしても書店で購入したいという人はクレジットカードで購入しましょう。

 

理由としてはポイントがたまれば、実質無料で新品の本を買えるようになるからです。

単純に将来的にお得に本を買えるということですので、どうしても必要なプロセスではありません。

 

僕は新品の本を買うとき、必ずAmazonをつかうようにしています。

買う本によりますが、10冊くらい買えば新品の本1冊くらいのポイントがたまります。

 

普段からたくさん本を読む人は、特にこのポイント還元がある購入方法をおススメします。

次はメルカリで販売することを前提として効果的に本を読む方法を紹介します。

 

ノートをとりながら本を読む

メルカリに出品するということは、二度と読み返せないという前提で本を読む必要がああります。

一度本を読めばすべてを理解できるという人は別にやらなくてもいいのですが、不安な人はノートをとりながら読み進めていきましょう。

 

ノートの内容は書いている自分だけがわかればOKです。

人に見せるわけでもありませんし、ノート作りに没頭している時間ももったいないです。

 

僕は下の画像のようにノートをとっています。

f:id:updateplan:20190228221653j:plain

おそらく他の人がみても何が書かれているのかがわからないと思います。

それでも書いた本人は何が書いてあるかよくわかっています。

 

ノートをとりながらすみずみまで理解しようとすれば、読書の効率を最大にすることができます。

ノートのとりかたは千差万別なので、詳しい方法は割愛します。

 

必ずしも必要ではありませんが、将来的に出品をするので下の画像のように、カバーを外して本を読むことをおススメします。

f:id:updateplan:20190228222414j:plain

次は読み終わった後、メルカリに出品するステップになります。

 

キレイな状態で写真をとり、メルカリに出品する

本を読み終えたら、さっそくメルカリに出品します。

ステップごとに出品のやり方を解説します。

 

1.バーコードを読み取ってらくらく出品!

f:id:updateplan:20190228222839j:plain

本のバーコードを読み取ることによって、本の紹介文をはじめとした書籍の基本情報が自動で入力されますので、よけいな手間をはぶくことができます。

 

2.参考価格で販売しよう!

f:id:updateplan:20190228223531j:plain

バーコードを読み取ったあとに表示される参考価格は相場価格より少し高めという情報がありますが、はっきりいって参考価格でも売れます。(本によるかとおもいますが)

 

もちろん、価格は自分で設定することができますので安値で販売しても高値で販売してもかまいません。

ただ、定価で販売するのはやめましょう。すぐにバレて信用をなくしてしまいますよ。

 

3.キレイに写真をとろう!

f:id:updateplan:20190228224043j:plain

新品の本ですので、そこまで神経質になる必要はないのですが、購入者の中には細かい部分まで気にする人もいます。

だいたい「正面」「背面」「上から」の写真を用意しておきましょう。

 

その他の面からの写真については求められたらアップするという流れでOKです。

僕は新品の本を出品するとき上記の3方面から写真をとってアップするのですが、今のところクレームはありません。

 

帯がついていると新品であることを強調できますので帯は捨てずにとっておきましょう。

 

4.商品の状態は「未使用に近い」で出品!

f:id:updateplan:20190228224624j:plain

1度読み切ったとはいえ、新品に近い状態で本を読んでいますので「未使用に近い」で出品してOKです。

商品写真と同じで、今までクレームを受けたことがありません。

 

余計なトラブルを徹底的に避けたい人は「目立った傷や汚れなし」で出品をしましょう。

もちろん、読んでいるときに傷をつけてしまったり汚してしまったら「傷や汚れあり」で出品すべきです。

 

5.商品の情報について

f:id:updateplan:20190228225351j:plain

発送元の地域については住んでいる地域が判明してしまうので消しました。

配送の方法は「送料が出品者負担でのらくらくメルカリ便」をおススメします。

 

特に「送料が出品者負担」という部分が重要で、購入者負担にすると買ってくれる人がかなり減ります。

最大限の利益を得たいという気持ちもわかりますが、買われない限り利益は0円なので、商品を送る側が送料を負担しましょう。

 

以上の5ステップでメルカリへの出品が完了です。

あとは誰かが買ってくれるまで待ちましょう。

 

次は商品が売れた後の流れについて解説します。

 

売れたら当日か翌日までにキレイに梱包して発送する

商品が売れたら、売れた当日か翌日までに発送しましょう。

Amazonや楽天とは違い、個人が発送するので、購入者もすぐに郵送されるとは思っていません。

 

しかし本音は、早ければ早いほど嬉しいものですし、あまりに遅いとクレームの元になります。

なので、売れた当日か翌日にはキレイに梱包して発送をしてしまいましょう。

 

発送の手順についてもステップごとにわけて解説をします。

 

1.発送する場所を選ぼう!

f:id:updateplan:20190228230858j:plain

宅配便ロッカーPUDOは駅や商業施設の近くに設置してあるオープン型宅配ロッカーのことを指します。

宅配便ロッカーPUDOでもいいのですが、多くの人はコンビニが近くにあるのではないでしょうか?

 

僕の場合はよくセブンイレブンで郵送を依頼しています。

バーコードを表示させてレジで読み取ってもらい、伝票を張り付ければ店員さんが保管してくれます。

 

2.キレイに梱包しよう!

f:id:updateplan:20190228231526j:plain

新品の本が輸送途中で汚くなってしまったら、確実にクレームがきます。

クレームを防ぐためにキレイな梱包は欠かすことができません。

 

使うのはA4の封筒ビニール封筒(テープ付き)です。

・A4封筒の購入はこちら

・ビニール封筒(テープ付き)の購入はこちら

 

完成形は以下の画像の通りです。

f:id:updateplan:20190228232637j:plain

シンプルですが、たとえ雨が降っている中の輸送であってもビニール封筒の中にはいっているの本が濡れることはありません。

 

この状態で自分が選択した輸送場所までもっていけば、すべての行程は完了です。

あとは受け取り評価をしてもらえれば、メルカリアプリへの入金処理がされます。

*指定口座への入金は別処理になります。

 

今回は『Google AdSense マネタイズの教科書』の販売を例に説明をしました。

『Google AdSense マネタイズの教科書』の定価は1,998円で販売代金は1,670円です。

販売手数料は167円、配送料は195円なので利益は1,308円になります。

つまり、実質690円(1,998円-1,308円)で新品の本を買ったことになるのです。

 

メルカリ読書法のメリットまとめ

【メルカリ読書法のメリット】

・新品の本を安く買うことができる

・売ることが決まっているので集中して本を読める

・積読がなくなる

・ノートをとれば理解した状態で見返すことができる

 

メリットがたくさんがあるメルカリ読書法をぜひ試してみてください。