ブログ運営に失敗した人がやるべきことは「毎日更新をやめる、仕事を始める、勉強する」

を*本記事は2019年2月25日に更新されています

f:id:updateplan:20190225190747p:plain

 

TwitterをはじめとしたSNSでよくみかける成功したブロガーに影響されて、「ブログ1本で食っていくぞ!」と決心して実際に大学や仕事を辞めてみたものの、鳴かず飛ばずで失敗してしまった人たちへ次にすべき行動を示しています。

 

結論からいうと「毎日更新をやめる、仕事をする、勉強する」の3つをやりましょうという内容です。

実際、僕も脱サラをしてブログに力をいれてきましたが、思ったようにアクセス数も収益も伸びずという状態です。

 

僕みたいな状態の人はたくさんいるのではないでしょうか。

一緒に次の一手を打っていきましょう。

ブログの毎日更新をやめよう

f:id:updateplan:20190225192447j:plain

ブログの毎日更新をやめましょう。

結果を出しているブロガーたちは毎日更新をおススメしていますが、それでもやめる。

 

毎日更新をして結果を出しているブロガーは自身が設定したブログテーマに関して圧倒的な知識があり、常に勉強を欠かしません。

あなたは何かについて圧倒的な知識や経験がありますか?

 

そもそも薄いコンテンツしか出せていないから失敗するのです。

コンテンツ力のない人が毎日更新をしたところで低レベルかつ読まれない文章が量産されるだけ。

そもそもアクセスしてくる人が少ないのですから、数日、数週間、ブログを更新しなかったところで誰も気にしません。

 

また、最初は毎日更新して、それに比例してアクセス数が伸びていった人が多いかと思います。

しかし更新数が積み重なってくると、あるとき突然、比例しなくなるときがありませんでしたか?

 

理由は「過去記事のアクセス数の減少スピードが記事更新によるアクセス数の増加スピードを追い越したから」です。

プラスよりマイナスの方が大きければ、自然とアクセス数は増えなくなりますよね。

 

低レベルなコンテンツを出しているとその場しのぎの連続になってしまい、アクセス数が伸びないわ、大量に記事を更新しなくてはならないわで消耗するだけです。

 

テーマによりますが、大企業がアフィリエイトに参入してきたので大量更新という意味では個人のブロガーは勝ち辛い時代になりました。

そして、低レベルなコンテンツを出しているとユーザーの離脱率があがり、リピーターがつかなくなります。

 

すでに大量更新によってアクセス数を獲得するという時代は終わっているのに、頑固に続ける理由は何ですか?

 

仕事を始めよう

f:id:updateplan:20190225194741j:plain

ブログ以外にお金を稼げることをやっていなければ、バイトでも正社員でもいいので自分の労働力を切り売りしてお金を稼ぎましょう

 

当たり前ですが、勝手にお金を稼いでくれる仕組みがなければ労働力を切り売りするしかないのです。

 

ここでポルカ(友だち同士で資金調達できるアプリ)やクラウドファンディング、スポンサー、オンラインサロンでお金を調達しようとがんばってはいけません。

発信活動がうまくいっていない人は人を惹きつけることなんてできませんので

 

素直に労働力を切り売りしてお金を稼ぎ、体制を立て直すための資金を稼ぐようにしましょう。

この間は、ブログを満足に更新できないかもしれませんし、好きなことが制限されるかもしれませんが、脱サラしたり大学を辞めたりしたのは自分自身ですから仕方ないですよね。

 

ただ、失敗したからといってブログをはじめとした発信活動をやめる必要はありません。

あくまで体制を立て直すために、労働力を切り売りしてでもお金を稼ぎましょうということです。

 

ブログ・アフィリエイトについて勉強しよう

f:id:updateplan:20190222212630j:plain

ブログでうまくいかなかった人は、そもそもブログやアフィリエイトについて知識がかなり不足している場合があります。

 

・SNSで無料で転がっている情報商材を読んで、それで終わりにしていませんか?

・ノウハウばかり集めて、実行せずにいませんか?

・今すぐできる小手先テクニックだけ使って、それで満足していませんか?

 

もっと深い情報や知恵というものは、やはりお金を出さないと手に入らないのです。

関連書籍を読み漁って、自分のものにし、ブログに反映していきましょう。

 

正直、僕もあまりブログやアフィリエイトについて本腰をいれて勉強をしたことがありませんでしたが、心を入れ替え、関連書籍を読み漁っています。

 

その中で「これはいいな」と思った本はこの4冊です。

 

☆『新しい文章力の教室 苦手を得意にするナタリー式トレーニング』

 

毎月3,000本以上の記事を配信し続けるカルチャーニュースサイト「ナタリー」で実践されている文章の書き方を書籍化したものです。

 

「体言止めは読者に負担を与える」や「"今作"や"当サイト"などの指示語もどきは使わない」など今まで知らなかった作文技術が目白押しの本です。

 

読者は無意識に文章構成の影響をうけていて、気を配らないと離脱の原因になります。

自分なりのわかりやすさや自分なりの定義ではなく、客観的にいい文章を書けるようになる1冊です。

 

☆『人を操る禁断の文章術』

 

メンタリストとして有名なDaoGoさんが「人を行動させる文章」について書いています。

人の目にふれ、読まれるというだけではダメで、その先の行動するというところまで考えた文章作りを提案しています。

 

人を動かし、モノやサービスにお金を使ってもらわないと話にならないアフィリエイトをやっている人は必読の1冊です。

 

☆『アフィリエイトで夢を叶えた元OLブロガーが教える 本気で稼げるアフィリエイトブログ 収益・集客が1.5倍UPするプロの技79』

 

「ルカルカダイエット」の運営者 亀山ルカさんと『ブログの教科書1年生』の著者 染谷昌利さん共著でブログ初心者向けの本です。

 

「ブログを始めようとしている人」から「始めたけどあまり結果が出ていない人」を優しく手助けするような本です。

もちろん中級者にも参考になる内容がありますので、ぜひ一読してみてください。

 

最適なブログサービス、登録すべきASPとその使い方やデザインの決め方、文章を書き方など何から何まで写真付きで丁寧に解説されています。

 

☆『Google AdSense マネタイズの教科書』

 

月間最高670万PVをたたき出した"のんくら"さんをはじめとしたプロのWEBサイト運営者がつくりあげたGoogle AdSenceベースのサイト運営ノウハウ本です。

 

一般的に、食っていける収益に達するまでの難易度が高いGoogle AdSenseを中心としたサイトをどうやって設計していけばいいかが詳細に書いてあります。

 

SNSやはてブでバズると、一時的にアクセス数が増え、それに応じて収益も増えるのですが、バズにたよっていると継続的に稼ぐことができません。

そこで、どのようなサイト設計にすれば稼ぎ続けられるのかを徹底的に攻略しているのが、この本ですので、初心者向けの本を読み終えてから着手することをおススメします。

 

もう一度、結論をいいます。

ブログ運営に失敗してしまったら、毎日更新をやめて時間をつくり、労働力を切り売りしつつ勉強をしましょう

 

労働力を切り売りするので、勉強する時間やサイトを研究する時間は少なくなりますが、立て直すためには仕方のないことなのです。

きつくて当たり前、近道がなくて当たり前の状態の中で地道に積み重ねつつチャンスをうかがっていきましょう。